野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

突然の休部で変わった野球人生 今も受け継ぐ名門野球部の教え

今年の都市対抗野球大会に千葉市代表として出場したJFE東日本野球部。惜しくも1回戦で敗退してしまったものの、前身の「川崎製鉄千葉」時代を含め、出場22回を誇る名門だ。

20160806_toshitaiko

休部の名門野球部から羽ばたいた一人の捕手、今も受け継ぐ「日産魂」

 今年の都市対抗野球大会に千葉市代表として出場したJFE東日本野球部。惜しくも1回戦で敗退してしまったものの、前身の「川崎製鉄千葉」時代を含め、出場22回を誇る名門だ。今年からチームのキャプテンを務めるのは、日産自動車野球部の休部に伴い、1年でJFE東日本野球部に移籍した中野大地捕手(29)。「川崎製鉄千葉」時代を含めた長い野球部の歴史の中で、他のチームから移籍してきた選手がキャプテンを務めるのは初めてだ。

 明治大学時代、いくつかの企業から声をかけてもらっていたが、大企業であり、野球部も神奈川の強豪ということで、日産自動車野球部への入部を決めた。しかし、入社前の2009年2月、年内いっぱいで野球部が休部となることが決まった。

「入社する年の1月から、チームの寮に住んで練習をしていました。その翌月、2月に休部が伝えられました。前年に『三菱ふそう川崎』が休部になり、強いチームでもそんなことがあるんだと学生ながらに思っていましたが、まさかそれを自分が経験するなんて、考えてもいませんでした」

 中野は、休部を告げられた日のことを鮮明に覚えている。

「グラウンドで朝から練習をしていたら、寮の食堂に集合するように言われました。その日が決算報告の日だったこともあり、休部を感づいている先輩たちもいました。『野球部、陸上部、卓球部が休部になることが発表される』と部長に言われた時は、右も左もわからない新人でしたが、体がずっしりと重くなったのを覚えています。

 事の大きさにびっくりして、この先どうしようというところまで考えが及びませんでした。次の日、スポーツ紙が1面で取り上げているのを見て『これだけ影響力のあることなんだ』と改めて思いました」

人気記事ランキング