野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • パ・リーグの若き才能が激突した2012年の甲子園

パ・リーグの若き才能が激突した2012年の甲子園

8月7日から夏の甲子園大会がついに開幕し、初日からいきなり熱戦が繰り広げられた。横浜高の藤平尚真投手、履正社高の寺島成輝投手ら有望な選手のプレーにも注目が高まり、試合結果だけでなく、選手個々の活躍も追っていきたいところだ。

桐光学園・松井裕樹(楽天)が奪三振ショーを展開

 8月7日から夏の甲子園大会がついに開幕し、初日からいきなり熱戦が繰り広げられた。横浜高の藤平尚真投手、履正社高の寺島成輝投手ら有望な選手のプレーにも注目が高まり、試合結果だけでなく、選手個々の活躍も追っていきたいところだ。

 現在、活躍しているパ・リーグの若手ホープたちがしのぎを削ったのが、2012年夏の甲子園だった。この年、地方大会で最も注目を集めていたのが、岩手・花巻東高の大谷翔平投手(現・北海道日本ハム)。高校歴代最速の160キロを計測したが、岩手大会決勝で盛岡大附に敗れ、甲子園出場はならなかった。

 この年の甲子園で一気に評価が高まったのは、神奈川・桐光学園2年生のサウスポー・松井裕樹投手(現・楽天)だった。神奈川大会では46回1/3を投げて68奪三振を挙げた松井裕投手は、甲子園でも速球とスライダーのコンビネーションで数々の三振を奪っていった。初戦の愛媛・今治西戦では甲子園記録となる22奪三振を記録。圧巻だったのは、6回から9回までの10者連続三振だった。松井裕投手は打っても5回に3ランを放ち、投打で存在感を発揮する。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中