野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

禁止薬物疑惑の人物を排除してきた殿堂 Aロッドとオルティスの行方は?

メジャー3000安打を達成したマーリンズのイチロー外野手は、50歳まで現役続行を表明しているものの、有資格1年目で殿堂入り確実と言われている。

20160821_arod-ortiz

41歳と同い年の2人が持つ共通点、圧倒的な成績と薬物使用疑惑の経歴

 メジャー3000安打を達成したマーリンズのイチロー外野手は、50歳まで現役続行を表明しているものの、有資格1年目で殿堂入り確実と言われている。長い歴史を誇るメジャー史で30人しか到達したことのない金字塔を越したのだから、当然の論調ともいえるだろう。一方、先日シーズン途中で引退したアレックス・ロドリゲス(ヤンキース)、今季限りの引退を表明しているデビッド・オルティス(レッドソックス)が殿堂入りする可能性はどうか。ニューヨーク地元紙「ニューズデイ」のデビッド・レノン記者が興味深いコラムを綴っている。

「アレックス・ロドリゲス、デビッド・オルティスを巡る殿堂議論が面白い」と題したコラムでは、今季で引退し、5年後に殿堂入りの資格を得る2人について検証している。

 Aロッドとオルティスには、共通点が2つある。1つは、ともに殿堂入りに相応しい成績を残したこと。そして、もう1つは、MLBが2003年に行った運動能力向上薬(PED)の予備調査で、PEDに陽性反応を示していた事実があることだ。これまでラファエル・パルメイロやマーク・マグワイアなど、PED使用を公に認めた人物、PED使用の疑いが極めて濃厚な人物は、殿堂入りが認められていない。

 現時点での2人の成績を簡単に紹介しておこう。Aロッドは、通算打率.295、3115安打、696本塁打、2086打点を記録。一方のオルティスは、通算打率.286、2429安打、531本塁打、1736打点の成績を残している。

人気記事ランキング