野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 地域を大切にするNPO法人とプロ野球球団がタッグを組むべき理由

地域を大切にするNPO法人とプロ野球球団がタッグを組むべき理由

8月21日、オリックス-楽天が行われる京セラドーム大阪では伊丹市民観戦デーが開催された。オリックスは阪神と同じ関西地区を本拠地としており、集客アップのために、工夫した取り組みを行っていく必要がある。このイベントはその一環とも言うべき取り組みの一つであった。

京セラドーム大阪で開催された伊丹市民観戦デー、その意義とは

 8月21日、オリックス-楽天が行われる京セラドーム大阪では伊丹市民観戦デーが開催された。オリックスは阪神と同じ関西地区を本拠地としており、集客アップのために、工夫した取り組みを行っていく必要がある。このイベントはその一環とも言うべき取り組みの一つであった。

 なぜ、大阪と神戸を本拠地としているオリックスが、どちらからもやや離れている伊丹市なのかと思うかもしれない。実は、オリックスには伊丹大使を務める山崎勝己選手、中島宏之選手、北川博敏打撃コーチが所属しており、チームと関係が深いからである。

 この伊丹市民観戦デーを実現させるのに、中心となった伊丹アスリートクラブの新たな戦術が固まるきっかけを作ったのが、山崎選手のFA移籍による入団だった。2014年3月に関係者150名が参加して開催した山崎選手の地元激励会は今回と同じ手法で成功していたのだ。

 今回の企画を実施することになったとき、スポンサーなしの成功事例を作ることを目標の一つとして掲げた。そして伊丹大使になったのは良いが、その役割を今一つ全うできていなかった選手たちと起用法に悩んでいた市をつなぐためのものでもあった。実際に、実現に向けて動き出したのは今年の3月からだった。

 球団担当者と伊丹アスリートクラブが第1回目の打合せを行い、条件等の確認をした上で双方がやれると判断したのが3月末のこと。伊丹アスリートクラブが培ってきた団体間ネットワークをフルに活用し、山崎選手の激励会で使ったBtoB形式での取り組みを活用することとなった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中