野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 3年目にして故障離脱ゼロの田中将大 地元メディア「頼りがいあるエース」

3年目にして故障離脱ゼロの田中将大 地元メディア「頼りがいあるエース」

10日(日本時間11日)本拠地でのレイズ戦で8回途中10K1失点の快投で、チームを7連勝に導いたヤンキース田中将大投手。

20160911_tanaka

開幕から先発ローテを守り抜く今季、安定した活躍でチームを牽引

 10日(日本時間11日)本拠地でのレイズ戦で8回途中10K1失点の快投で、チームを7連勝に導いたヤンキース田中将大投手。今季先発した29試合でチームは22勝7敗と大きく勝ち越し、シーズンを追うに連れ、田中の評価はうなぎ上りしている。最近先発した7戦でチームは全勝。自身も6勝無敗、防御率1.94という好成績を残す右腕について、米スポーツ専門局ESPNの公式サイトでは「マサヒロ・タナカがヤンキース最高の選択肢に戻った」と題した記事で特集している。

 メジャー1年目だった2014年は右ひじ靱帯を部分的に損傷、昨年は右前腕の故障と太ももの痛みを訴え、これまで年間を通じて健康体で過ごしたことがなかった田中だが、今季は開幕時から先発ローテを守り抜いている。しかも、ローテーションを守るだけではなく、今季は22試合でクオリティスタート(QS、6回以上を投げて自責点3以下)を記録。先発の柱としてチームを勝利へ牽引するパフォーマンスを披露している。

 2014年1月にヤンキースと7年1億5500万ドル(約159億1540万円)という超大型契約を結び、鳴り物入りで名門入りしたため、当然ながら田中に掛かる周囲の期待は大きかった。メジャー1年目の前半こそ好スタートを切ったが、そこから故障続き。2年連続で先発ローテを守り切れず、辛口のNYメディアからは「期待外れ」の声が多く聞こえてきた。だが、3年目を迎えた今季は開幕当初から負け知らず。制球に苦しむこともあったが、シーズンを追う毎に調子を上げ、不安定なヤンキース先発陣を1人背負って立っている。

人気記事ランキング