野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 岩隈久志
  • 自己最多16勝の岩隈に称賛の声 監督も絶大な信頼「最も安定感のある選手」

自己最多16勝の岩隈に称賛の声 監督も絶大な信頼「最も安定感のある選手」

今季メジャー5年目を迎えたマリナーズの岩隈久志投手が14日(日本時間15日)の敵地エンゼルス戦で7回途中を5安打1失点と好投を見せ、自己最多の16勝目(11敗)を挙げた。チームを8連勝へと導いた力投に称賛の声が寄せられている。地元メディアが伝えている。

7回途中1失点、16勝目の岩隈に米紙「際立った投球」

 今季メジャー5年目を迎えたマリナーズの岩隈久志投手が14日(日本時間15日)の敵地エンゼルス戦で7回途中を5安打1失点と好投を見せ、自己最多の16勝目(11敗)を挙げた。チームを8連勝へと導いた力投に称賛の声が寄せられている。地元メディアが伝えている。

 岩隈は3回1死一、三塁から自らの暴投で失点したものの、この1失点のみで抑える力投を披露。4回まで援護がなかったが、5回にシーガー、6回にクルーズのソロ弾でリードを受けると、7回途中まで5安打3四球2奪三振、1失点で切り抜けた。2-1で競り勝ったマリナーズはこれで8連勝。プレーオフ進出へまた一つ白星を積み上げた。

 地元紙「シアトル・タイムズ」は粘り強い投球を見せた35歳右腕について「リズムに乗りきれないながらも、今回も際立った投球を継続した」とレポート。スコット・サーバイス監督も「彼はゲームを整えることに長けている。(3回は)焦ってしまう展開だったが、踏みとどまってくれた」と要所を締めた内容を高く評価したという。

 また、地元紙「タコマ・ニューストリビューン」電子版も「過去4試合で2敗を喫した後、2試合で際立った投球を披露」とこの日の投球を高評価。岩隈は記事の中で通訳を通じて「自分では何か劇的なアジャストメントをしたつもりではありません。自分の投球に注力して、打者を打ち取れると信じるだけです。可能な限り緻密に」と振り返り、「しかしそれ以上に、今自分たちには勢いがあると思っています。8連勝ですし。チームはいい感触を持っています。自信にも満ちている。この勢いを継続させる、ということが今日、頭の中にありました」と語っている。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中