野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、2年前の手術回避は「正解」 辛辣NYメディアも「認める時がきた」

田中将大、2年前の手術回避は「正解」 辛辣NYメディアも「認める時がきた」

今季、日本人右腕がチームのプレーオフ進出へ望みをつなぐ大車輪の活躍を続けていることを受け、辛辣なNYメディアは当時の選択を「正解だった」と“手のひら返し”で称えている。

自身7連勝で防御率もリーグトップ維持、大車輪の活躍で地元紙が“手のひら返し”

 21日(日本時間22日)の敵地レイズ戦に先発し、自己最多となる14勝目(4敗)をマークしたヤンキースの田中将大投手。3回に自己ワーストとなる1イニング4本塁打を被弾したものの、6回4失点で自身7連勝を飾った。防御率は2.97から3.07に悪化したが、リーグトップをキープしている。

 田中はルーキーシーズンの2014年7月に右肘を痛め、靭帯部分断裂と診断されたが、トミー・ジョン手術を回避。ヤンキースが保存療法を選択したことは、当時の米国内でも大きな物議を醸した。しかし、今季、日本人右腕がチームのプレーオフ進出へ望みをつなぐ大車輪の活躍を続けていることを受け、辛辣なNYメディアは当時の選択を「正解だった」と“手のひら返し”で称えている。地元紙「デイリーニューズ」が報じている。

 記事では、ルーキーシーズンに“宝刀”のスプリットを武器に三振の山を築いた田中の肘に故障が発覚した際のメディアとファンの声を振り返っている。

「彼にはトミー・ジョン手術が必要だ!」
「同じ選手には戻れない。手術を乗り越え、1年後に復活だ」
「何を待っているんだ? 肘は爆発寸前だ。すぐにでも手術だ」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中