野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

今宮の存在意義、開き直った千賀、柳田の状態…SB工藤監督が振り返るCS初戦

8日、ヤフオクドームで行われた「日本通運 クライマックス パ」ファーストステージの第1戦は、ソフトバンクが4-3でロッテに競り勝った。

20160424_kudo

CSファーストステージ先勝の工藤監督、V打の今宮に「よく打った」

 8日、ヤフオクドームで行われた「日本通運 クライマックス パ」ファーストステージの第1戦は、ソフトバンクが4-3でロッテに競り勝った。

 ソフトバンクは、先発の千賀滉大が初回の2被弾で2点を失うも、その裏に内川聖一の適時打で1点差とし、3回には再び内川がレフトのホームランテラスに同点弾。千賀は2回以降立ち直り7回2失点。スアレスが8回を抑えると、その裏に1死満塁から今宮健太が勝ち越しの2点適時打を放った。9回、サファテがデスパイネにこの日2本目の一発を浴びるも、後続を抑えて1点差で逃げ切った。

 試合後の工藤公康監督は、勝利を喜ぶ前に「やっぱり外国人の一発は大きいと、改めて認識してくれたと思う。明日からしっかりやってくれるだろう」とひと言。その後に、ようやく8回の決勝打について語り始めた。

「一番ホッとしているのは(今宮の前に、無死満塁で初球を打ち上げ捕邪飛に終わった)福田くんだろう。今宮くんはプレッシャーもあっただろうし、打席の中で考えることもいろいろあったと思うが、よく打ってくれた」

 復帰の柳田悠岐にはヒットこそ出なかったが、今宮も右肘に“ねずみ”を抱え、ギリギリCS開幕に間に合った状態だ。

人気記事ランキング