野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム大谷、大一番で輝けるワケ 勝負強い投球を可能にする高い能力と洞察力

日ハム大谷、大一番で輝けるワケ 勝負強い投球を可能にする高い能力と洞察力

日本ハムの大谷翔平投手が12日のソフトバンクとのCSファイナルステージ第1戦(札幌ドーム)で先発し、7回1安打無失点と好投。ポストシーズンでは14年オリックスとのCSファーストステージ第1戦以来2年ぶりの勝利を挙げた。

20160509_ohtani

「元々弱かった」大一番で3連勝、4回までフォークをほぼ使わず快投

 日本ハムの大谷翔平投手が12日のソフトバンクとのCSファイナルステージ第1戦(札幌ドーム)で先発し、7回1安打無失点と好投。ポストシーズンでは14年オリックスとのCSファーストステージ第1戦以来2年ぶりの勝利を挙げた。

 天王山初戦で8回1失点に抑えた9月21日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)、9回1安打完封でリーグ優勝を決めた9月28日の西武戦(西武プリンスドーム)に続き、大一番で3連勝。今季が自身初のリーグ制覇で、大舞台は「元々、弱かった」と言うが、勝負強い投球を見せている。

 投球の引き出しが、それを可能としている。

 この日は立ち上がりから真っすぐとスライダーの組み立てだった。4回までの64球の内訳は真っすぐ39球、スライダー24球、フォーク1球。三振を取りやすいフォークを使うことなく、打たせて取る投球を見せた。これには理由があったという。

「(5回表まで)0-0の僅差のゲーム。フォークは(落ちないと)本塁打になりやすい。スライダーがまずまずだったので、最初はそれでいいかなと思った。確実ではないが、(出来る範囲で)1番ベストな投球だったと思う」

 9月28日の西武戦と同じように直球、スライダーを武器にした投球。それでも、前回投球と意識は明らかに違ったという。中村剛也、メヒア、森友哉らフルスイングしてくる打者が目立つ西武打線に比べ、今季のソフトバンクは内川聖一、中村晃らファウルで粘りつつチャンスボールを待つ打者が多い。

人気記事ランキング