野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • DeNAの1勝でセCSは「まだ分からない」 勝敗のポイントは広島の攻撃にあり!?

DeNAの1勝でセCSは「まだ分からない」 勝敗のポイントは広島の攻撃にあり!?

セ・リーグのCSファイナルステージ第3戦は、リーグ3位のDeNAが3-0でリーグ王者の広島に初勝利。

第3戦は井納の快投で快勝、梶谷の好守は「次の試合にもいい影響を与えるプレーだった」

 セ・リーグのCSファイナルステージ第3戦は、リーグ3位のDeNAが3-0でリーグ王者の広島に初勝利。日本シリーズ進出に望みをつないだ。先発の井納が7回3安打無失点と快投。打線はエリアンの2ラン、梶谷のタイムリーで黒田から3点をもぎ取った。1勝3敗と広島有利の状況に変わりはないが、第4戦以降のポイントはどこになるのだろうか。

 まずは第3戦のポイントについて、ヤクルト、日本ハム、阪神、DeNAで捕手としてプレーした野球解説者の野口寿浩氏は「何と言っても井納でしょう。テンポがよく、気持ちが前に出たピッチングでした」と右腕の投球を評価した。「それにつられて打線も息を吹き返し始めた。井納は全体的に逃げ回るようなピッチングではなくて、どんどん攻め込んでいました。絶好調の田中には3安打されましたけど、攻め込んでいたから打たれたように見えました。逃げていたら、田中に対しても1安打3四球のような結果になっていたと思います」。2連敗で王手をかけられたチームを鼓舞するような投球だった。

 また、打線ではエリアンの2ランに加えて、左手薬指を骨折している梶谷がタイムリー。梶谷は、3点リードの8回2死満塁のピンチで新井のファウルフライに猛チャージし、グラブをはめた左手を伸ばしてダイビングキャッチする好守も見せた。

「梶谷の最後のファインプレーは痛い指が下敷きになっている。相当痛かったと思います。それでも、ああやって飛び込んでいった。(チームにとって)次の試合にもいい影響を与えるプレーだったと思います」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中