野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 黒田博樹の引退はNYでもニュースに ヤンキース公式サイトもトップで紹介

黒田博樹の引退はNYでもニュースに ヤンキース公式サイトもトップで紹介

広島の黒田博樹投手が日本シリーズ終了後に現役引退すると発表したことを、2012年から14年まで活躍したニューヨーク・ヤンキースも公式サイトのトップニュースで紹介。「クロダは日本シリーズ終了後に現役引退へ」というタイトルで名門球団のローテーションを3シーズン支えた日本人右腕の決断を伝えている。

20161019_kuroda

NYメディアもヤンキース時代の活躍称える、「ボンバーズで最も頑丈な投手だった」

 広島の黒田博樹投手が日本シリーズ終了後に現役引退すると発表したことを、2012年から14年まで活躍したニューヨーク・ヤンキースも公式サイトのトップニュースで紹介。「クロダは日本シリーズ終了後に現役引退へ」というタイトルで名門球団のローテーションを3シーズン支えた日本人右腕の決断を伝えている。

 黒田は7年間のメジャー生活で212試合に登板し、79勝79敗、防御率3.45という優秀な成績を残した。ヤンキースでは通算38勝33敗、防御率3.44をマークし、12年は219回2/3、13年は201回1/3、14年は199回を投げるなど、抜群の安定感を見せた。14年シーズンに惜しまれながら退団し、古巣の広島に復帰していた。

 記事では、「黒田のキャリアは日本シリーズで終了する。彼の在籍する広島は日本ハムファイターズと対戦する」と紹介。ヤンキース最終戦となった14年9月25日のオリオールズ戦(6-5で勝利。黒田に勝敗つかず)で8回3安打2失点9奪三振と力投したダイジェスト動画も掲載し、日本人右腕のメジャーでの“ラストダンス”を振り返っている。この試合はデレク・ジーターのヤンキースタジアム最終戦で、9回表に同点に追いつかれたヤンキースが、9回裏にジーターのサヨナラヒットで勝利していた。

 ヤンキースの試合を放映する「YESネットワーク」も、「ヒロキ・クロダがプロ野球から引退する」とのタイトルで、トップニュースとして記事を掲載。「彼はブロンクスでの3シーズンで620イニングに登板し、2012年から2014年の間、ボンバーズ(ヤンキースの愛称)で最も頑丈な投手だった」と称えている。

人気記事ランキング