野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日本一王手の日ハム、大谷はなぜ第6戦先発回避? 鍵握る二刀流右腕の起用法

第7戦までもつれれば、「黒田VS大谷」の可能性も

 栗山監督ら首脳陣は仮に第6戦で敗れても、1日の休養を挟んだ万全の大谷を投入できると踏んだのだろう。

 広島は第7戦で今季限りで現役引退する黒田博樹投手の先発が有力視されている。日本一を争う大一番で「黒田VS大谷」が実現すれば、ファンでなくても楽しみな投げ合いであることは間違いない。それでも、仮に第6戦でリードした場面で終盤を迎えれば……。その采配で周囲を驚かせてきた栗山監督だけに、再び守護神・大谷の期待も高まる。

「広島へ行っても、この勢いでぶつかっていくだけ。投げる、投げないは関係なく、全員で広島に勝ちに行きたいです」

 そう意気込みを語っていた大谷。いずれにしても、日本ハムの日本一は二刀流・大谷が大きな鍵を握っている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」