野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 高校野球
  • 【高校野球】大舞台での再会に胸躍らせる仙台育英捕手 忘れられない元同僚・清宮の衝撃

【高校野球】大舞台での再会に胸躍らせる仙台育英捕手 忘れられない元同僚・清宮の衝撃

「猛肩」と評される尾崎、清宮の第一印象は「デカかった」

 東北大会でもエース・長谷川、センターから2番手で登板した佐川光明(2年)、ショートから3番手で登板した西巻賢二(2年)を好リードし、優勝に貢献した。佐々木順一朗監督は一度、外野手を経験した尾崎について、「今になって思えば、よかったと思います。外(そと)を経験したことでキャッチャーというポジションと向き合うようになった」と話す。

 佐々木監督は尾崎の肩を「猛肩」と表現する。エース・長谷川も「ランナーが出た時、ランナーの足をそんなに気にしないで投げることができるので、肩の面では信頼しています」と話し、「配球も前は首を振ることが多かったけど、今は投げたいボールのサインを出してくれる。息が合ってきています」と信用している。

 尾崎には明治神宮大会で再会を楽しみにしている球友がいる。調布シニア時代のチームメイト、早実の清宮幸太郎主将(2年)だ。

「めっちゃ、楽しみです。一緒に写真を撮ろう、とか言っています(笑)」

 清宮は中学1年の夏にリトルリーグの世界大会が終わってから調布シニアに入団したが、軟式の少年野球でプレーしていた尾崎は中学1年の春から入団。「第一印象? デカかったですね。清宮はもう1人のチームメイトと来たのですが、もう1人の方が小人に見えました(笑)」と懐かしむ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」