野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 巨人退団→消息不明のガルシア、MLBでFAに 地元メディアは活躍に太鼓判

巨人退団→消息不明のガルシア、MLBでFAに 地元メディアは活躍に太鼓判

巨人から今年8月18日に契約を解除され、その後消息を絶っていたキューバ出身のホセ・アドリス・ガルシア外野手が、メジャーリーグからフリーエージェント(FA)として認められたと、米メディアが報じた。

FAとして認められる、キューバメディアは「MLB球団を魅了するだろう」

 巨人から今年8月18日に契約を解除され、その後消息を絶っていたキューバ出身のホセ・アドリス・ガルシア外野手が、メジャーリーグからフリーエージェント(FA)として認められたと、米メディアが報じた。これで全球団との契約が可能となる。このニュースを受けて、キューバの地元メディアは十分にメジャーで通用する素材だと伝えている。

 ガルシアは今年4月、巨人から獲得が発表された。ブレーブスに所属するアドニス・ガルシアを兄に持ち、キューバ国内リーグでは通算263試合に出場。打率.307、28本塁打、139打点を記録していたの有望株で、大きな期待を寄せられていた。

 6月16日の楽天戦で代打で1軍デビューし、同18日のロッテ戦では「1番・左翼」に抜擢されるも、4打数無安打。7打数無安打で2軍降格となった。イースタン・リーグでも28試合出場で打率.234、4本塁打、12打点、2盗塁の成績に終わり、巨人が8月18日付でウエイバー公示申請を行ったと発表した。

 その後、キューバへ帰国したが、途中のフランスで消息を絶ったと複数の海外メディアが報道。米スポーツ誌の「ベースボール・アメリカ」なども「外野手のホセ・アドリス・ガルシアがキューバを去った」と伝え、メジャーリーグ入りを目指して亡命した可能性があると見られていた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中