野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 抜群の“コスパ”でチームに貢献 今季、年俸1億円未満で活躍した助っ人は?

抜群の“コスパ”でチームに貢献 今季、年俸1億円未満で活躍した助っ人は?

プロ野球において、助っ人が額面通りの活躍を出来るかは、チームの成績に大きく関わってくる。投打の軸とするために、外国人選手にある程度の金額を費やすというのは、ある意味で当然の考え方とも言えるだろう。

20161125_martin

日ハム&広島の“優良助っ人”は優勝の原動力に

 プロ野球において、助っ人が額面通りの活躍を出来るかは、チームの成績に大きく関わってくる。投打の軸とするために、外国人選手にある程度の金額を費やすというのは、ある意味で当然の考え方とも言えるだろう。

 一方で、年俸が高額ではなくても、チームに貢献する選手もいる。今季、日本シリーズに進出した日本ハム、広島の両チームでは、“コスパ”のいい助っ人の活躍が目立った。

 今年のプロ野球で、年俸1億円未満で活躍した選手を振り返ってみたい。

【広島】
ジェイ・ジャクソン投手 7260万円
67試合登板 5勝4敗37ホールド、防御率1.71

ブレイディン・ヘーゲンズ投手 5700万円
50試合登板 7勝5敗19ホールド、防御率2.92

【阪神】
マルコス・マテオ投手 7500万円
52試合登板 1勝3敗20セーブ7ホールド、防御率1.80

ラファエル・ドリス投手 5000万円
34試合登板 3勝3敗8セーブ9ホールド、防御率2.12

【ヤクルト】
ジョシュ・ルーキ投手 3600万円
69試合登板 6勝6敗33ホールド、防御率3.06

【日本ハム】
クリス・マーティン投手 8000万円
52試合登板 2勝0敗21セーブ19ホールド、防御率1.07

【ソフトバンク】
ロベルト・スアレス投手 5000万円
58試合登板 2勝6敗1セーブ26ホールド、防御率3.19

【楽天】
ゼラス・ウィーラー内野手 4000万円
140試合出場 打率.265、27本塁打、88打点

人気記事ランキング