野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本ハムのレアードがメキシコ代表でWBC出場か 地元メディアが報じる

「寿司男」が侍ジャパンの世界一奪回を阻むのか…。日本ハムのブランドン・レアード内野手が、来年3月に行われる第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でメキシコ代表入りすると、ESPNスペイン語版が報じた。

パ本塁打王が侍ジャパンのライバルに? 巨人クルーズの名前も

「寿司男」が侍ジャパンの世界一奪回を阻むのか…。日本ハムのブランドン・レアード内野手が、来年3月に行われる第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でメキシコ代表入りすると、ESPNスペイン語版が報じた。

 レアードはメキシコ系アメリカ人で、WBCメキシコ代表入りの資格を持っている。来日2年目の今季は2年連続で全試合に出場し、打率.263、97打点。さらに、39本塁打を放って自身初タイトルとなる本塁打王に輝いた。広島との日本シリーズでは第6戦での満塁弾を含む3本塁打でシリーズMVPに選出。ベストナインにも選ばれた。

 記事によると、メキシコ代表では、すでにドジャース主砲のエイドリアン・ゴンザレス内野手、ナショナルズのオリバー・ペレス投手、ブルージェイズのロベルト・オスナ投手の出場が確定。また、エドガー・ゴンザレス監督が、レアードと共にアスレチックスのクリス・デービス外野手、ナショナルズのダニー・エスピノーザ内野手、ジャイアンツ傘下マイナーのラミノ・ペーニャ内野手、そして巨人のルイス・クルーズ内野手の名前を挙げたとも伝えている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」