野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

人的補償候補は“1軍戦力”5、6人に オリ補強ポイントに合致する選手は?

阪神からオリックスへ移籍するのは誰になるのか――。オリックスが阪神にFA移籍した糸井嘉男外野手の人的補償を5、6人に絞り込んだ。

オリックスが人的補償の候補を5、6選手に絞る

 阪神からオリックスへ移籍するのは誰になるのか――。オリックスが阪神にFA移籍した糸井嘉男外野手の人的補償を5、6人に絞り込んだ。神戸市内の球団施設で9日、長村球団本部長、福良監督らが集まり、阪神から提出されたプロテクト28人を除いた選手らについての会談を行った。

 絞り込んだのは来季、1軍戦力になり得る投手、野手の5、6人だという。糸井の流出、日本ハムからFA宣言した陽岱鋼の獲得を断念するなどオフも厳しい戦いを強いられている福良オリックス。それだけに、人的補償の選定で失敗は許されない。陽岱鋼の補強に成功していれば左の投手を最優先で獲得する方針だったが事態は一転。補強ポイントは右の外野手となった。

 オリックスの1軍クラスの外野手はほとんどが左打者。出場試合数が多い順に並べるとT-岡田(123試合)、駿太(105試合)、小島(79試合)、小田(78試合)、吉田正(63試合)。右打者では川端(28試合)、宮崎(23試合)、武田(10試合)らがいるがレギュラーとして決め手に欠ける。

 阪神から提出されたプロテクトリストの中身は判明していないが、来季1軍戦力として考える右の外野手では俊介の名前が一番最初に浮かんでくる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」