野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 東の清宮、西の安田だけではない 来春選抜注目の東西1年生好打者は?

東の清宮、西の安田だけではない 来春選抜注目の東西1年生好打者は?

季節は冬となり、高校野球はオフシーズンに入った。年が明ければ、センバツ高校野球に向けた出場校の選考が始まり、高校野球ファンには楽しみな時期がやってくる。

来春選抜で“ライバル対決”実現も、幼少から切磋琢磨する東西1年生好打者

 季節は冬となり、高校野球はオフシーズンに入った。年が明ければ、センバツ高校野球に向けた出場校の選考が始まり、高校野球ファンには楽しみな時期がやってくる。

 来春のセンバツは東の大物スラッガー・清宮幸太郎のいる早稲田実や昨夏の全国覇者・作新学院、西の大砲・安田尚憲を擁して神宮大会を制した履正社、有望1年生の多い大阪桐蔭、昨春王者の智弁学園など、強豪校が出場する見通しのため、楽しみな戦いになる。

 今回その中でも注目したいのが、東西の1年生好打者、早稲田実の4番・野村大樹と報徳学園の1番・小園海斗内野手の2人である。ともに宝塚リトルリーグで汗を流した仲間だった。

 野村は3番を打つ清宮の後の4番を任され、1年生の夏の大会で本塁打を放った。同時期に小園も初の夏の大会で活躍。野村と小園は互いの活躍を耳にしては刺激を受けていた。

 小園は野村のことを「とにかくバッティングがすごかった。振ったらホームランになる球が多かった。ゴツいです」と当時の印象を語った。同世代の選手たちと比べても際立ったパワーの持ち主で、スタンドに運ぶ力が抜き出ていた。一方の野村は小園について、「どこでも守れるし、バッティングもすごかった」と話し、お互いを認め合っていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」