野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

早くも注目浴びる田中将大の来オフ動向 米サイト「何としても引き留めろ」

今季メジャーで自身初めて規定投球回に到達し、自己最多の14勝を挙げたヤンキース・田中将大投手。渡米3年目を終えた右腕はメジャー移籍時に7年総額1億5500万ドル(約178億円)という大型契約を結んだが、長期の契約にも関わらず、来オフの動向を注目する声が高まっている。

来オフ動向が注目浴びる田中、ヤンキースへ流出阻止訴える声

 今季メジャーで自身初めて規定投球回に到達し、自己最多の14勝を挙げたヤンキース・田中将大投手。渡米3年目を終えた右腕はメジャー移籍時に7年総額1億5500万ドル(約178億円)という大型契約を結んだが、長期の契約にも関わらず、来オフの動向を注目する声が高まっている。特別付帯条項として「4年目終了後に契約破棄できる」という文言が盛り込まれているからだ。

 オプトアウト(契約破棄)と呼ばれるこの条項によって、田中は来シーズンを終えた段階でヤンキースとの契約を破棄することができる。今季と同様か、それ以上の好成績を残せば、メジャーでの評価はさらに高まり、より大きな条件を引き出せる状況となるだろう。逆に成績を落とすなどして契約をそのまま継続したほうがいい状況となる可能性もある。

 いずれにせよ、来季の成績やパフォーマンスは大きく影響するが、米スポーツ専門サイト「SBネーション」は「2017年より先もヤンキースはマサヒロ・タナカを引き留めるべき」との見出しで特集記事を掲載し、右腕との契約を何としてでも維持すべきとの主張を展開している。

 ヤンキースはこのオフ、一度はカブスに手放した守護神アロルディス・チャップマンが復帰することで合意。現地では5年総額8600万ドル(約99億円)の契約となると伝えられている。これについて、記事では「(ヤンキースが)真の優勝候補になるにはまだ数年を要するこの時期に救援にそんな金を使う価値があるとは思えない」と指摘し、「タナカが2017年以降もどこにも行かないよう保証する必要がある時には資金の余裕がないように見える」と危機感を募らせている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」