野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ベテラン大減俸に伸び悩む若手 チーム状況が示す中日の年俸減

中日は11月までに全選手の契約更改交渉を終え、フリーエージェント(FA)宣言をせずに残留した2人の主力が複数年の大型契約を結んだ。

最下位に転落した中日、契約更改でも厳しい査定に

 中日は11月までに全選手の契約更改交渉を終え、フリーエージェント(FA)宣言をせずに残留した2人の主力が複数年の大型契約を結んだ。大島洋平外野手は6000万円増の1億5000万円で3年契約。平田良介外野手は5000万円増の1億2000万円で、5年総額6億円に上った。

 チームで唯一143試合にフル出場した大島は、5年連続で規定打席に達し、リーグ2位の175安打をマーク。守備でも、外野手では球団史上最多5度目のゴールデン・グラブ賞を獲得した。2014年に球団最多タイの186安打を放って以降、3年連続で年俸は上昇。不動のリードオフマンとしての地位を築いている。

 今季キャプテンに就任した平田は、度重なるケガによる離脱で118試合出場にとどまり、過去2年より成績を落とした。ただ、チームトップの73打点、72四球はキャリアハイ。得点圏打率は3割5分を超え、チャンスに強い主軸としての存在感は示した。年俸も4年連続でアップし、ついに1億の大台を超えた。

 一方で、ベテラン陣は軒並み厳しかった。来季40歳を迎える荒木雅博内野手は20%ダウンの7040万円で更改。今季68試合出場にとどまった森野将彦内野手は、減額制限いっぱいの40%ダウンを受け入れ、8400万円でサインした。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」