野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

アジア初制覇に大きく貢献 2度の右目手術乗り越えた侍ジャパンU-12の右腕

中国・広東省で開催されている「第9回 BFA U-12アジア選手権」は13日に決勝戦が行われ、侍ジャパンU-12代表は韓国に4-1で勝利。5戦全勝で悲願の初優勝を飾った。

韓国“連破”の立役者となった高橋、仁志監督も「安定している」と評価

 中国・広東省で開催されている「第9回 BFA U-12アジア選手権」は13日に決勝戦が行われ、侍ジャパンU-12代表は韓国に4-1で勝利。5戦全勝で悲願の初優勝を飾った。

 決勝戦はグループ予選2戦目で対戦している韓国。日本の先発投手は、このグループ予選の韓国戦でも先発した高橋大和だった。仁志敏久監督が「安定しているタイプでコントロールがいい。腕の出方が変則的なフォームで低めに投げられるとアウトを重ねられる」と評価する右腕。グループ予選の韓国戦では4回途中まで投げ、奪った三振はゼロ。内野ゴロで打たせて取った。

 グループ予選とは違い、アジアチャンピオンを決めるファイナルステージ。「試合が始まって、マウンドに立ったら緊張しました」と、立ち上がりは不安定だった。1番打者に四球を与え、2番打者を三ゴロに打ち取ったものの、3番打者には再び四球。4番打者から空振り三振を奪ったが、ここで守備がバタバタした。

 飛び出していた一塁走者を刺そうと福原聖矢捕手が一塁へ送球。ランダウンプレーが上手くいかず、走者がオールセーフとなり、2死二、三塁とピンチは広がった。それでも、5番打者を遊飛に打ち取ってしのいだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」