野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 元燕オンドルセクとオリオールズの再契約に地元メディア「奇妙に映る」

元燕オンドルセクとオリオールズの再契約に地元メディア「奇妙に映る」

今シーズン途中でヤクルトを退団し、オリオールズと契約を結んだローガン・オンドルセク投手が同球団と新たに1年62万5000ドル(約7200万円)の契約を結ぶことで合意した。この契約について地元メディアは「奇妙なようなものに映る」とレポートしている。

ヤクルトを途中退団、メジャー契約も活躍できず…FAでオリオールズと再契約

 今シーズン途中でヤクルトを退団し、オリオールズと契約を結んだローガン・オンドルセク投手が同球団と新たに1年62万5000ドル(約7200万円)の契約を結ぶことで合意した。この契約について地元メディアは「奇妙なようなものに映る」とレポートしている。

 2015年にヤクルトに加入した右腕はセットアッパーとしてリーグ優勝に貢献。今季は守護神を務めたが6月26日の中日戦で首脳陣に暴言を吐いたとして自宅謹慎処分に。その後、謹慎は解除されたが、7月に家族とともにアメリカへ帰国し、契約解除となった。今季、ヤクルトでは30試合登板で3勝1敗11セーブ、防御率2.45だった。

 そして帰国直後にオリオールズと契約。しかし2年ぶりのメジャー復帰に苦しみ、6登板で防御率6.75と振るわず、マイナーへ降格。その後、1度は昇格を果たすも7試合で0勝0敗、防御率9.95の成績だった。

 今回、オンドルセクとオリオールズの再契約を伝えた地元メディア「ボルチモア・ベースボールコム」のダン・コノリー記者は「11月に(球団から)2017年のオプションを拒否され、FAとなった時、オリオールズとオンドルセクの繋がりは断たれたかと思われた。しかし、彼は戻ってきた。しかも40人ロースター枠内に」とレポート。「オンドルセクとこういった契約を結んだダン・デュケット(GM)の契約は奇妙なもののように私には映る」と伝えた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」