野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大の評価に米メディア異論「ヤンキーが過小評価? なんてことだ」

田中将大の評価に米メディア異論「ヤンキーが過小評価? なんてことだ」

ヤンキースの田中将大投手が、メジャーで「最も過小評価されている先発右腕」として取り上げられている。今季、渡米3年目で自己最高の成績を収め、名門球団のエースとしての立場を確立したが、米CBSスポーツ電子版は「どうすればこんなことが起こるんだ?」と田中の評価が低いことを“問題視”。今オフにホワイトソックスからレッドソックスへとトレード移籍したメジャーのスーパーエース級の実力左腕、クリス・セールにも「肩を並べる存在」と絶賛している。

田中は「最も過小評価されている先発右腕」、米メディア絶賛「違いを生み出す存在」

 ヤンキースの田中将大投手が、メジャーで「最も過小評価されている先発右腕」として取り上げられている。今季、渡米3年目で自己最高の成績を収め、名門球団のエースとしての立場を確立したが、米CBSスポーツ電子版は「どうすればこんなことが起こるんだ?」と田中の評価が低いことを“問題視”。今オフにホワイトソックスからレッドソックスへとトレード移籍したメジャーのスーパーエース級の実力左腕、クリス・セールにも「肩を並べる存在」と絶賛している。

侍ジャパンU-12代表が世界一になるために 専門家が考える日本の長所、大切にすべきこと(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 CBSスポーツは「2016年、それぞれのポジションで最も過小評価されていた選手たち」と題した特集記事を掲載。DHを含めた野手の各ポジションに、先発左腕、先発右腕、救援投手を加えた13人を選出している。「先発右腕」部門で登場するのが田中だ。

 2014年に楽天からヤンキースにポスティングシステム(入札制度)で移籍した日本人右腕は3年目の今季、31試合に登板して14勝4敗、リーグ3位の防御率3.07、同5位のWHIP(1イニングあたりの被安打+与四球)1.007をマーク。右前腕部の張りを訴えたシーズン最終盤に大事を取って登板を2度回避したが、投球回数も大台200イニングにあと1イニングに迫る199イニングまで積み上げた。

 ただ、田中は「過小評価」されていると、記事では指摘。寸評では「どうすればこんなことが起こるんだ? ヤンキー(ヤンキースの選手)が過小評価? なんてことだ。しかし、あなたはタナカがア・リーグで防御率3位、WHIP5位であったことを知っていましたか?」とした上で、日本人エースがいかにチームを勝たせることの出来る投手であるかを強調している。

人気記事ランキング