野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

陽岱鋼加入はGポジション争いにどう影響 中堅手固定で左翼手争い熾烈に?

日本ハムから国内フリーエージェント権を行使した陽岱鋼外野手の巨人入りが14日、決まった。山口俊(DeNA)、森福允彦(ソフトバンク)に続き、1シーズンでFA3選手を獲得するのは史上初。空前の大補強で3年ぶりのリーグ制覇へ態勢を整えた。

史上初3人FA補強、左翼手1番手はギャレットか

 日本ハムから国内フリーエージェント権を行使した陽岱鋼外野手の巨人入りが14日、決まった。山口俊(DeNA)、森福允彦(ソフトバンク)に続き、1シーズンでFA3選手を獲得するのは史上初。空前の大補強で3年ぶりのリーグ制覇へ態勢を整えた。

 陽岱鋼は日本ハムで不動の中堅手だった。今季は130試合に出場し、打率.293、14本塁打、61打点をマーク。幅広い守備範囲で幾度となくピンチを救い、今季は2年ぶり4度目のゴールデングラブ賞に輝いた。13年に47盗塁でパ・リーグ盗塁王を獲得するなど機動力もあり、新天地では流動的だった中堅手を任される存在だ。

 陽岱鋼の加入で、今季全試合出場した長野久義は右翼手で固定されることになりそう。残る左翼手は一気に激しさを増す。名前を挙げるだけでも、ギャレット、亀井善行、松本哲也、橋本到、立岡宗一郎、重信慎之介、堂上剛裕ら。日本ハムからトレードで獲得した石川慎吾も23歳で、チームでは希少な右打者の成長株だ。

人気記事ランキング