野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

CS初進出の裏で…DeNAは番長引退、FA右腕や打率1割台前半の助っ人も退団

球団創設5年目で初のクライマックスシリーズ(CS)進出を果たしたDeNA。CS最終ステージで広島に敗れ、18年ぶりの日本一はならなかったが、セ・リーグの台風の目となった。

「ハマの番長」三浦が引退、四半世紀の現役生活に幕

 球団創設5年目で初のクライマックスシリーズ(CS)進出を果たしたDeNA。CS最終ステージで広島に敗れ、18年ぶりの日本一はならなかったが、セ・リーグの台風の目となった。

 打撃2冠に輝いた筒香が4番に君臨し、脇を固めるロペス、梶谷とともに打線を牽引。桑原、倉本、宮崎、戸柱ら若い戦力が芽吹き、投手陣でも同様に石田、今永らが台頭した。就任1年目のラミレス監督は選手への信頼と緻密なデータ分析を柱としてタクトを振るい、初出場のCSでも巨人を破って最終ステージに導く手腕を発揮した。

 一方、これまで球団を支えてきた選手がユニホームを脱ぎ、今季限りで別れを告げた選手もいる。今回は、その功績を辿る。

◯三浦大輔(引退)
プロ25年目。通算535試合登板、172勝184敗、防御率3.60

 この男を置いて、横浜の歴史を語れないだろう。「ハマの番長」こと三浦が、四半世紀にわたる現役生活に幕を下ろした。現役最年長の今季は7月11日の中日戦での初登板で4回6失点と打ち込まれたが「相手投手に嫌がられる存在になりたい」と磨いてきたバットで24シーズン連続安打を放った。これが、のちに「投手による連続シーズン安打記録」としてギネス記録に認定。投手としては2度目の登板となった9月16日の阪神戦で5回途中2失点で勝ち負けつかず、「勝てなくなったら辞めようと決めていた」との信念に基づき、この日の夜にラミレス監督らに引退する意向を伝えた。

 シーズン最終戦の9月29日・ヤクルト戦で迎えた引退登板ではベンチ入り選手全員が「18」のユニホームをまとってプレー。6回1/3を10失点と壮絶に打たれ、23シーズン連続勝利はならなかったが、最後は渾身のストレートで雄平を空振り三振に斬り、涙でマウンドを去った。引退セレモニーでは「これからも三浦大輔はずっと横浜です。ヨロシク!」と番長らしい挨拶。08年にはFA宣言して阪神への移籍を思い悩んだこともあったが、横浜一筋で現役を全うした。来年は球団を離れ、「外から野球を勉強したい」としているが「将来的にまた戻って来られたら」と指導者転身にも意欲を示している。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」