野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武がファン、選手と一緒に「かるた&ランチョンマット」を作るワケ

2014年のファン感謝イベント「LIONS THANKS FESTA」、西武プリンスドームのグラウンドでは、巨大かるた大会が行われていた。散りばめられた絵札を見つけにこどもたちが走り回る光景はよく見るが、子供たちが手にした絵札には、ライオンズ選手が大きく描かれている。「ライオンズかるた」という、球団オリジナルのかるたである。

ファン&選手と作る「ライオンズこども基金」

 2014年のファン感謝イベント「LIONS THANKS FESTA」、西武プリンスドームのグラウンドでは、巨大かるた大会が行われていた。散りばめられた絵札を見つけにこどもたちが走り回る光景はよく見るが、子供たちが手にした絵札には、ライオンズ選手が大きく描かれている。「ライオンズかるた」という、球団オリジナルのかるたである。

 このかるた、内容は食育・いじめ撲滅・マナー教育など、「楽しく学べる」がテーマとなっていて、それぞれの絵札に選手のイラストが描かれている、いたって真面目な内容。ファン・選手会・球団が三位一体となり、明るい社会・未来を作っていく子供たちが、安心して夢を持って生活できる環境作りをサポートする「ライオンズこども基金」の取り組みの一環として製作されたものだという。

 読み札の五七五は、ライオンズファンや地域の方から募集したもので、1000通近い応募の中から、選手会・球団・埼玉県教育委員会の3者で選定、内容が決定した。完成したかるたは、埼玉県内50市町村の小学校、約1万の学級に寄付された。

 一方、こちらは埼玉県内のとある小学校の給食の風景。児童たちの机に並んでいるのは、この日、配られた「ライオンズ食育ランチョンマット」。このランチョンマットは、「埼玉県食育推進計画」の指針に則り、食育(食事のバランスや、地産地消)について、選手やマスコットを通じてより身近に学んでもらいたいというコンセプトで製作された。食事の大切さをアピールするライオンズ選手たちが描かれており、埼玉県内55市町村の公立小学校、2016年度の新1年生、約6万人に寄付された。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」