野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「アーティスト」田中将大の流出阻止へ ヤ軍は“10年”契約に延長すべき!?

シーズン終了後に契約をオプトアウト(破棄)して、フリーエージェントになる権利を持っている田中将大投手について、ヤンキースは今オフにも契約延長を検討するべきだと米メディアが伝えている。今シーズン終了後のオプトアウトを阻止するために、さらに3年間契約を延長して“10年契約”にすべきだという内容だ。

来季終了後に契約破棄が可能な田中、2020年までの7年契約だが…

 来シーズン終了後に契約をオプトアウト(破棄)して、フリーエージェントになる権利を持っている田中将大投手について、ヤンキースは今オフにも契約延長を検討するべきだと米メディアが伝えている。2014年に楽天からポスティングシステム(入札制度)で加入する際、日本人右腕と7年総額1億5500万ドル(約178億円)の大型契約を結んでいるヤンキースだが、今シーズン終了後のオプトアウトを阻止するために、さらに3年間契約を延長して“10年契約”にすべきだという内容だ。

「ヤンキースにとって、今シーズンオフはマサヒロ・タナカとの契約延長を検討する絶好の機会」と題して特集記事を組んだのは、米メディア「リバー・アベニュー・ブルース」。米CBSスポーツ(電子版)のマイク・アクシサ記者が寄稿している。

 同記者はまず、メジャー3年目の今季31試合に登板して199回2/3を投げ、14勝4敗、リーグ3位の防御率3.07、同5位のWHIP(1イニングあたりの被安打+与四球)1.08をマークした日本人右腕について「マサヒロ・タナカはヤンキースにおいて最高の先発投手であるだけでなく、彼はMLBで最も素晴らしい先発のひとりだ」と絶賛。「CC・サバシアの全盛期以降、彼はニューヨークで最も優れた投手である。そして10年以上前に最盛期を迎えたマイク・ムッシーナ以来、最も優れた先発右腕だ」。2000年以降、ヤンキースを支えてきた名投手たちの名前を並べ、田中の実力を強調している。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」