野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

多和田、呉は来季へ期待大 西武ルーキーは7選手が1軍経験、明るい材料に

3年連続Bクラスに沈むという不本意なシーズンに終わった西武だったが、そんな中、明るい材料となったのが、ルーキーたちの台頭だった。全10選手のうち、7選手が1軍の舞台を経験。早い段階で1軍レベルの中での自らの課題を自覚できたことは、今後の成長に大きく役立つはずだ。

3年連続Bクラスの不本意なシーズンも…ルーキーが台頭

 3年連続Bクラスに沈むという不本意なシーズンに終わった西武だったが、そんな中、明るい材料となったのが、ルーキーたちの台頭だった。全10選手のうち、7選手が1軍の舞台を経験。早い段階で1軍レベルの中での自らの課題を自覚できたことは、今後の成長に大きく役立つはずだ。

 ドラ1の多和田は、序盤こそ苦しんだものの、18試合に先発し7勝をマーク。野田、南川ら即戦力としての期待もかかった社会人出身組も、台所事情が厳しい中継ぎ陣の中で、それぞれ個性は発揮した。また、野手では呉念庭がポテンシャルの高さを見込まれ重用。激戦必至の遊撃手レギュラー争いの有力候補に躍り出た。

 一方で、ドラ2の川越は、故障の連続で2軍戦でも7試合登板止まり。また、高卒の藤田も新人合同自主トレの早々に離脱。シーズン中にケガも発症し、1試合の登板のみ。いずれも不完全燃焼に終わった。

 明暗がはっきりと分かれる形となったルーキー10人の1年目を改めて振り返ってみたい。

◯多和田真三郎投手

 ドラフト1位で富士大学から入団。大学時代に肩を痛めた影響で、慎重にスタート。1軍でビューは5月14日の日本ハム戦となった。その初登板では、3者連続押し出しなど4失点。以後、コントロールを気にしすぎるあまり、持ち味である思い切りの良さが消え、立ち上がりに課題を作ることとなった。それでも、8月11日の日本ハム戦でプロ初完封勝利を収めてからは、完全に自身の投球を取り戻し、7戦5勝0敗。最終的にも7勝5敗と貯金を作った。来季はローテーションの柱として、フル稼働に期待がかかる。

◯川越誠司投手

 北海学園大学からドラフト2位で入団。大学時代から筋トレで鍛え上げた体が自慢だったが、早々に怪我で離脱。周囲が徐々に1軍に上がり始めた焦りから、「治りかけては投げ、結果、ケガを繰り返す、の連続でした」。最終的には、2軍戦で7試合を投げ、6イニング1勝1敗、防御率6.00。今季の苦い経験を生かし、来季は戦力として貢献したい。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」