野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

野球選手の持つ“力” オフの社会貢献活動で子供たちに残すインパクト

シーズンオフに入り、選手たちはつかの間の休息を取っているが、野球をプレーすることだけがプロの仕事ではない。イベント、テレビ収録、慈善事業など、その活動は多岐にわたる。ファンサービスの一環といえるが、ここではプロスポーツ選手が持つ“力”を考えてみたい。

巨人・内海の「ランドセル基金」今オフは107個のランドセルを贈呈

 シーズンオフに入り、選手たちはつかの間の休息を取っているが、野球をプレーすることだけがプロの仕事ではない。イベント、テレビ収録、慈善事業など、その活動は多岐にわたる。ファンサービスの一環といえるが、ここではプロスポーツ選手が持つ“力”を考えてみたい。

 例えば、巨人。チームには球団が進める社会貢献活動「G hands」プロジェクトというものがあり、シーズン中からサインを書き入れたプレートをチャリティーオークションに出品し、その収益を障害者スポーツや社会福祉の支援に充てている。

 個人の活動に目を向けてみると、内海哲也投手は2009年に「ランドセル基金」を設立し、今年は宮崎市内の児童養護施設を訪問。2012年まではその年の奪三振数、2013年以降はその年の投球回数分のランドセルを贈呈。その数はすでに1000個を超え、今年は投球イニング数に合わせて107個のランドセルが各地の子供に届くことになっている。

 菅野智之投手は、神奈川県相模原市の相模原警察署を訪問。1日署長に任命され、制服姿を披露した。周囲を驚かせたのはそれだけではなく、子供の頃に交通事故に遭ったことを明かし、自らの体験を踏まえながら、交通安全の大切さについて、子供たちに訴えた。

 亀井善行外野手、澤村拓一投手は、東京都内にある闘病中の児童と家族が滞在する「ドナルド・マクドナルド・ハウス」を訪れ、子供たちと触れ合った。サイングッズと寄付金を贈呈した2人は、来季の活躍を約束。プロ野球選手に掛けてもらった言葉や共に過ごした時間は、子供たちの心に刻まれただろう。

 長野久義外野手は、4月の熊本地震で被災した南阿蘇村を慰問した。地元の人はテレビでしか見られない選手に感激。地元中学野球部の練習に参加した長野は、子供たちと一緒に走り回った。地震の影響で熊本で開催予定の公式戦が中止になったこともあり、喜びもひとしおだった。

 村田修一内野手は未熟児で生まれてきた子供と家族を支援。神奈川県内の医療センターを訪問し、今年放った安打数×1万円にあたる165万円を新生児医療支援の「ささえるん打基金」として寄付した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」