野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 契約破棄の前にトレードも!? ヤンキース田中の去就を米メディアが予想

契約破棄の前にトレードも!? ヤンキース田中の去就を米メディアが予想

来季終了後に契約をオプトアウト(破棄)してフリーエージェント(FA)になる権利を持っているヤンキースの田中将大投手。大事なエース右腕の流出阻止に向けて、地元メディアは「何としても引き留めろ」「契約延長をしよう」など、数多くの“提言”をしている。一方で“常勝軍団”ヤンキースの復活を願うファンは、田中の流出を危惧しつつ「延長できなかったらトレードもやむなし」と考えているようだ。

ヤ軍ファン「契約延長できなかったらトレードに出したら?」

 来季終了後に契約をオプトアウト(破棄)してフリーエージェント(FA)になる権利を持っているヤンキースの田中将大投手。大事なエース右腕の流出阻止に向けて、地元メディアは「何としても引き留めろ」「契約延長をしよう」など、数多くの“提言”をしている。一方で“常勝軍団”ヤンキースの復活を願うファンは、田中の流出を危惧しつつ「延長できなかったらトレードもやむなし」と考えているようだ。

 米メディア「リバー・アベニュー・ブルース」では、同サイトに寄稿している米CBSスポーツ(電子版)のマイク・アクシサ記者が読者の質問に答える企画を行った。その中で、数多く寄せられた質問の1つが「もしヤンキースがマサヒロ・タナカと契約延長できなかったら、代わりにトレードに出すことはできませんか?」というものだったという。アクシサ記者は「今オフにトレードされる可能性はゼロ」としながら、来季開幕後に迎えるトレード期限(7月31日)までにトレードされる可能性については「別の話。2つの条件が重なればあり得る」と答えている。

 今オフにトレードされる可能性について「ゼロ」と答えた背景には、ヤンキースが守護神アロルディス・チャップマンと5年8600万ドル(約101億3400万円)の契約を結んだことがある。これだけの大型契約を結んだということは、ヤンキース首脳陣は来季もペナントレースを勝ちにいく方針であることの表れ。先発ローテーションの軸で”エース”の田中を今オフにトレード放出して若手有望株を複数獲得したとしても、来季の戦力として計算はできない。記事では「タナカの評価は今が最高潮かもしれない。さらに今オフのFA市場はハズレ」と、見返りに多数の有望株を獲得できる可能性にも触れているが、現実問題としてあり得ないと結論づけている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」