野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「現役で比較対象はイチロー」 米メディアが病床のレジェンドの偉大さ回顧

「現役で比較対象はイチロー」 米メディアが病床のレジェンドの偉大さ回顧

今季メジャー史上30人目の通算3000安打を達成したマーリンズのイチロー外野手は、現役引退後には有資格1年目での米国野球殿堂入りが確実視されるほどの実績を残している。通算3053安打を誇るロッド・カルー氏は現役時代、日本が誇る安打製造機を“凌駕”するレジェンドだったと米メディアが取り上げた。

手術を受けたレジェンドを特集、「カルーのようにヒットを打つ選手はいない」

 今季メジャー史上30人目の通算3000安打を達成したマーリンズのイチロー外野手は、現役引退後には有資格1年目での米国野球殿堂入りが確実視されるほどの実績を残している。ただ、通算3053安打を誇るロッド・カルー氏は現役時代、日本が誇る安打製造機を“凌駕”するレジェンドだったと米メディアが取り上げた。ESPNが「ロッド・カルーのようにヒットを打つ選手は誰もいない」と特集している。

 カルー氏はパナマ出身の元内野手。現役時代にツインズとエンゼルスで活躍し、1969年から83年まで15年連続で打率3割超え(70、79年は規定打席未満)という偉業を成し遂げた。首位打者7回に加え、1977年には打率.388を記録。1991年に野球殿堂入りを果たしている。

 71歳となったカルー氏は、15日に心臓と腎臓の移植手術を受けたことが米メディアで報じられた。球界から無事を祈る声が病床のレジェンドに届く中、ESPNではカルー氏の現役時代の偉大さを振り返っている。

 記事では、数々の偉業に加え、相手ピッチャーに合わせて打席での構えを変える独特な打撃スタイルについても紹介。そして、カルー氏の現役時代を知らない若い世代に説明するため、イチローを例に持ち出している。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」