野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • キャリア屈指の数値叩き出した指標も イチローが42歳で見せた“進化”とは

キャリア屈指の数値叩き出した指標も イチローが42歳で見せた“進化”とは

メジャー史上30人目の通算3000安打を達成したマーリンズのイチロー外野手は今季、打撃成績の多くの数値を昨年から向上させた。米メディアも“V字回復”といった表現で大ベテランの復活を大きく取り上げたが、具体的にどの数字が良くなったのか。中には、42歳にしてキャリア屈指の高いレベルに達した項目もあった。

“V字回復”の2016年、イチローは何がすごかったのか

 メジャー史上30人目の通算3000安打を達成したマーリンズのイチロー外野手は今季、打撃成績の多くの数値を昨年から向上させた。米メディアも“V字回復”といった表現で大ベテランの復活を大きく取り上げたが、具体的にどの数字が良くなったのか。中には、42歳にしてキャリア屈指の高いレベルに達した項目もあった。

 シーズン中にも注目されたのが、四球数の増加だ。今季は365打席で30四球。打席数はこの5年間で最少で、四球率8.2%は2002年の9.3に次いでキャリア2番目に高い数値だった。

 ボールゾーンの球すらヒットにしてしまうイチローは、ヒットが多い代わりに四球が少ないことで知られているが、数字上は“モデルチェンジ”したとも言えような結果が残っている。当然、キャリア通算の四球率6.0を大きく上回っている。出塁率.354は2011年以降では最高値で、特に1番打者として出場した試合は出塁率.427と高い数字を残した。

 一方で、三振率11.50%はキャリア13番目の数字。全盛期に比べれば大きな数字だが、最近3年間では最も良かった。これを四球の割合と比較して算出したBB/Kは0.71。メジャーでも重視される指標の1つだが、2008年(0.79)以来の高い数値で、16年のキャリアでも5番目にあたる。ナ・リーグ全体でも、今季350打席以上の打者では11位だ。今季のイチローは、打ち取りにくい打者であったということが言えるだろう。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」