野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

WBC出場の青木宣親、イチローのような役割は「『ウッ』となりますけど…」

来年3月に開催される「2017 WORLD BASEBALL CLASSIC」に出場する日本代表「侍ジャパン」の追加メンバーとして招集された青木宣親外野手(アストロズ)が21日、都内で取材に応じ、リーダーとしての自覚をにじませた。

aoki

最年長でリーダーとして期待、新天地でのキャンプより日の丸選択「気持ちが勝った」

 来年3月に開催される「2017 WORLD BASEBALL CLASSIC」に出場する日本代表「侍ジャパン」の追加メンバーとして招集された青木宣親外野手(アストロズ)が21日、都内で取材に応じ、リーダーとしての自覚をにじませた。

 ヤクルト時代、WBCは第1回大会(06年)、第2回大会(09年)に出場し、連覇に大きく貢献。2大会ぶりの出場となる青木は、20日に発表された一部メンバーの中に入れば、19人中で最年長となる。

「連覇を達成した時のイチロー選手(マーリンズ)のような役割を求められているのではないか?」と聞かれると、青木は「イチローさんと言われると『ウッ』となりますけどね」と笑顔。偉大な先輩と比較される重圧を表現し、報道陣を笑わせた後に「今のところ最年長。そういった立ち位置に近い存在だと思うけど、そのへんも含めて経験を(チームに)伝えられたら」と自覚をにじませた。

 来季からアストロズでのプレーが決まり、新天地でアピールが必要な時期にチームを離れることになるが、マイナスになるという考えは「全然ないですね」と言う。アストロズ側が出場をOKしたことで、「出たい」という気持ちは完全に固まった。青木は「メジャー6年目で5球団目。移籍することに自分も慣れているし、メジャーでは相手(チーム)も(新たな選手が)来ることに慣れている。そんなに時間は必要ない。不安なくやれると自分は思っている。(キャンプに)いるに越したことはないけど、日本代表に入るほうが気持ちが勝った」と日の丸への強い思いを明かした。

人気記事ランキング