野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

最高アップ率275%、1億円到達者も続々…25年ぶりVの広島“バラ色のオフ”に

広島は菊池涼介内野手を最後に全選手が契約更改を終えた。25年ぶりの優勝を果たし、予想通り1億円プレーヤーが続々と誕生するなどまさに“バラ色のオフ”となった。

日本人最高額は菊池に、補殺数で歴代3位までを独占

 広島は菊池涼介内野手を最後に全選手が契約更改を終えた。25年ぶりの優勝を果たし、予想通り1億円プレーヤーが続々と誕生するなどまさに“バラ色のオフ”となった。

 年俸6億円の黒田博樹投手が引退し、チームの日本人最高額となったのは、大トリで更改した菊池だった。打率.315、13本塁打、56打点、13盗塁の成績を残し、今季年俸8500万円から6000万円アップの1億4500万円。今季同じ年俸だった丸を500万円上回り、アップ額でもチーム最高だった。

 強いこだわりをもつ補殺数525は歴代3位の記録。ちなみに歴代1、2位も菊池が記録しており、これでベスト3を独占した。菊池は20日に一部が先行発表となった第4回WBC侍ジャパンメンバーにも入った。

 菊池に続いたのが丸佳浩外野手。5500万円アップの1億4000万円だった。「3番・中堅」で全試合に出場し、打率.291、20本塁打、90打点。本塁打、打点はキャリアハイの数字。大幅アップを勝ち取った。
 
 石原慶幸捕手は2000万円アップの1億2000万円。打撃面では打率.202ともう一つだったが、守備面で補って余りある評価を得た。12球団の捕手で最高額となった(巨人・阿部は捕手登録だが捕手としての出場は0)。

 MVPに輝いた新井貴浩内野手は5000万円アップの1億1000万円。阪神時代以来、3年ぶりに1億円に返り咲いた。広島復帰時は2000万円だったが、2年で5.5倍となった。黒田の引退で来季は球団最年長。まだまだチームを引っ張ってくれるはずだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」