野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

震災復興の願いも込め…今年で16度目、宮城出身プロ野球選手が野球教室開催

NPO法人野球振興ふるさと宮城プロ野球選手・OB会などが主催する「がんばろう!宮城 少年少女野球教室」が23日、東北福祉大学トレーニングセンターで開催され、野球チームに所属する宮城県内の小学生約300人が参加した。

宮城県内の小学生約300人が参加、プロ野球OBと現役選手の11人が講師

 NPO法人野球振興ふるさと宮城プロ野球選手・OB会などが主催する「がんばろう!宮城 少年少女野球教室」が23日、東北福祉大学トレーニングセンターで開催され、野球チームに所属する宮城県内の小学生約300人が参加した。

 宮城県出身者では初のプロ野球100勝投手の若生智男氏(仙台市出身)、ヤクルトで活躍し、コーチやスカウトも務めた八重樫幸雄氏(仙台市出身)、来季から巨人の2軍内野守備走塁コーチとなる小坂誠氏(山元町出身)らプロ野球OB、そして現役の楽天・阿部俊人内野手(東北福祉大卒)、今野龍太投手(大崎市出身)ら11人が講師を務めた。

 野球の振興と普及を目的に2001年から活動するNPO法人野球振興ふるさと宮城プロ野球選手・OB会。同年から野球教室を始め、今年で16回目を迎えた。2011年の東日本大震災後からは「がんばろう!宮城」も付け、震災復興の願いも込め、宮城県の野球少年たちを対象に野球教室を開いてきた。

 野球教室ではまず、少年たちが講師の元選手、現役選手の前に列を作り、一人ひとりとキャッチボールを行った。その後は投手、捕手、内野手、外野手とポジション別に分かれて守備練習。小坂氏とともに内野を担当した阿部は「打球を怖がって、引いてエラーをしている子がいた。エラーをするなら、前に出て積極的なエラーを」と自らノックを打ちながらアドバイスを送った。投手も講師陣からの助言を受けてブルペンで投球練習。打撃練習ではティー打撃を行い、講師陣が選手の一人ひとりのスイングをチェックした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」