野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

妻からの電話で届いた吉報 ロッテ指揮官が秘める家族への想い

マリーンズが千葉県鴨川市にて秋季キャンプ中の11月20日。伊東勤監督は朝、いつものように宿舎から球場までの10キロほどの距離をランニングした。汗だくになりながら球場に到着をすると突然、携帯電話が鳴った。妻からだった。

ロッテ伊東監督の「自慢の家族」

 自分のことのように嬉しくあり、誇らしげだった。

20161225_ito
ロッテ・伊東勤監督【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

 マリーンズが千葉県鴨川市にて秋季キャンプ中の11月20日。伊東勤監督は朝、いつものように宿舎から球場までの10キロほどの距離をランニングした。汗だくになりながら球場に到着をすると突然、携帯電話が鳴った。妻からだった。

 電話口から馬術に打ち込んでいる長女、佳菜子さん(24)が東京・世田谷の「JRA馬事公苑」で行われた「第68回全日本障害馬術大会2016 Part I」に出場し見事、決勝戦に進出したと伝えられた。そしてその後、2位(準優勝)に入ったという吉報が舞い込んできた。

 総勢23人が優勝を目指した中障害A(決勝戦)で、愛馬のクイナラとコンビを組みタイムは42.43秒。1位は男子で40.98秒。3位も男子。全国大会で腕っぷしがモノをいう中で、並みいる男性たちに負けじと力を発揮した愛娘の活躍を想像し思わず、頬が緩んだ。

「こういう連絡は嬉しいね。特にこういう仕事をやっていると家族でいる時間はなかなかないからね。子供たちが自分たちで選んだ世界で頑張ってくれているのは素直に嬉しい」

 シーズン中は厳しい表情が目立つ指揮官だが、この時ばかりは目を細めながら、いつもにはない高いテンションで語り出した。そして、しばし子供たちが生まれた時のことを振り返った。

 伊東監督の自宅の庭には大切に育てている木が今もある。それは、幸せのザクロの木。24年以上前に、夫婦で植えた想い出の詰まる木だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」