野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「日本一につながったという自信」 日ハムチアが内に秘める思い

2017年もあの大人気イベントが帰ってくる――。パ・リーグが行う新たなイベントとして大きな注目を集めた「パ・リーグダンスフェスティバル」が大阪市のオリックス劇場にて、1月8日、9日の2日間、開催される。都内に集結した6球団のパフォーマンスグループへインタビューを行った。第1弾はファイターズガールの渡邊姫琳(きりん)。

パ6球団チア特別インタビュー、ファイターズガール・渡邊姫琳編

 2017年もあの大人気イベントが帰ってくる――。パ・リーグが行う新たなイベントとして大きな注目を集めた「パ・リーグダンスフェスティバル」が大阪市のオリックス劇場にて、1月8日、9日の2日間、開催される。1日のみで行われた今年よりもさらにパワーアップし、2017年は2日間に渡って最高のパフォーマンスを堪能できる。

 開催まですでに1か月を切り、各球団のパフォーマンスグループは現在も時間を見つけては練習に励んでおり、本番へ向けた準備が進められている。先日、都内に集結した6球団のパフォーマンスグループへインタビューを行い、球場でのパフォーマンスのことや、私生活のこと、さらには本番への意気込みなどについて本音で語ってもらった。そのインタビューの模様を球団ごとにお届けする。第1弾はファイターズガールの渡邊姫琳(きりん)。

――最初に所属グループ、お名前、何年目かを教えていただけますか。

「北海道日本ハムファイターズ、ファイターズガールの渡邊姫琳です。3年目になります」

――パフォーマンスを行う上で最も気を付けていること、意識していることなどはありますか?

「ドームということもあり、お客さんが高い位置にいるので、遠くまでちゃんと見えるように常に目線は上にということを心掛けてやっています」

――ビジター応援デーなどで何回か他球場に行かれているかと思うのですが、他の球場で好きな球場はありますか?

「今回、オールスターで福岡のヤフオクドームに行かせていただき、オールスターだったからということもあるかもしれないですが、すごく特別感があり、すごく広くて、お客さんもたくさん入っていてすごく感動しました。同じドームですが、雰囲気とかも違いましたね」

――将来の夢はありますか?

「元々小学生くらいのときに初めてファイターズガールと関わり、それが夢だったので、現在はそのつかんだ夢を頑張っているところです」

――ちなみにダンスはいつごろから始めたのですか?

「ダンスは3歳のときからやっていました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」