野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

各国強敵揃いも侍ジャパン鹿取TDが自信、WBC優勝の可能性「大いにある」

来年3月に開催が迫った「2017 WORLD BASEBALL CLASSIC」(WBC)。20日には日本代表「侍ジャパン」の一部メンバー18人が先行発表され、翌21日にはアストロズの青木宣親外野手が追加招集された。着々とチーム編成が進む小久保ジャパンが目指すのは、2大会ぶりの優勝だ。

過去3大会を凌ぐ激戦予想も「日本も最強のメンバー」

 来年3月に開催が迫った「2017 WORLD BASEBALL CLASSIC」(WBC)。20日には日本代表「侍ジャパン」の一部メンバー18人が先行発表され、翌21日にはアストロズの青木宣親外野手が追加招集された。着々とチーム編成が進む小久保ジャパンが目指すのは、2大会ぶりの優勝だ。

 2016年は、U-23代表以下の「侍ジャパン」アンダー世代が国際大会で大躍進を遂げた。女子を含む5つのカテゴリーで優勝し、唯一優勝を逃したU-15代表も準優勝という成績を収めた。アンダー世代が生んだ勢いに乗り、トップチームにも第4回WBCで頂点に輝いてもらいたいところ。侍ジャパンU-15代表監督で、侍ジャパンのテクニカル・ディレクターを務める鹿取義隆氏は「優勝の可能性は大いにあると思いますよ」と話す。

 来年のWBCに向けて、アメリカ代表としてサイ・ヤング賞右腕マックス・シャーザー(ナショナルズ)やノーラン・アレナド(ロッキーズ)らが参戦を表明。前回優勝のドミニカ共和国も、ロビンソン・カノやネルソン・クルーズ(ともにマリナーズ)らが参加を表明し、過去3大会を凌ぐ高レベルの戦いとなることは必至だ。

 鹿取氏は「確かに個々の成績を見ると、すごいメンバーを集めてくるなと思う」と各国の蒼々たるメンバーに驚嘆の声を上げるが、一方で「日本も最強のメンバー。誰がどこを打つんだろう、誰がいつ投げるんだろう、といい意味で頭を悩ませる感じ」と手応えを感じている。

人気記事ランキング