野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

自分の弱さと向き合った20年 “代走屋”鈴木尚が積み重ねた228盗塁の歴史

2016年、NPBでは数多くの選手がプロとしての一歩を踏み出し、数多くの選手がユニフォームを脱いだ。巨人一筋20年、今季はチーム生え抜き最年長選手だった鈴木尚広氏もその一人だ。ファンに愛され、惜しまれながらも現役生活にピリオドを打った鈴木氏に、“代走職人”として駆け抜けた現役生活を振り返ってもらった。

失敗続きで決めた初盗塁にホッ…走塁のスペシャリストが歩んだ20年

 2016年、NPBでは数多くの選手がプロとしての一歩を踏み出し、数多くの選手がユニフォームを脱いだ。巨人一筋20年、今季はチーム生え抜き最年長選手だった鈴木尚広氏もその一人だ。

 1994年ドラフト4位で福島の相馬高校から入団。怪我に泣かされる日々が続いたが、類い稀なる走力を認められ、2006年から1軍に定着した。2008年にはゴールデングラブ賞と日本シリーズ優秀選手賞を受賞。2010年以降は代走の切り札として起用される中、2015年にはオールスター出場を果たした。今季は出場試合数こそ減ったものの、手に汗握る勝負どころで登場し、12年連続2桁盗塁を決める活躍を見せた。

 2002年の1軍デビューから今年10月にスパイクを脱ぐまで、“走塁のスペシャリスト”として積み重ねた228盗塁。長い巨人の歴史を振り返ってみても、柴田勲氏(579盗塁)、松本匡史氏(342盗塁)に次ぐ歴代3位という立派な記録だ。ファンに愛され、惜しまれながらも現役生活にピリオドを打った鈴木氏に、“代走職人”として駆け抜けた現役生活を振り返ってもらった。

――まだ引退されてから日が浅いですが、実感は沸いてますか?

「じわじわと感じるものはあります。引退セレモニーを開いていただいた今年のファンフェスタはスーツでしたからね。もうユニフォームを着ることがない事実と、スーツ姿の自分を重ねた時に、『引退したんだな』って」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」