野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 仰天オーダー&奇抜采配でハム10年ぶり日本一 2016年“栗山マジック”10選

仰天オーダー&奇抜采配でハム10年ぶり日本一 2016年“栗山マジック”10選

日本ハムの栗山英樹監督は就任5年目の今季、悲願の日本一に輝いた。6月下旬で首位・ソフトバンクと最大11.5ゲーム差あったが、球団新記録の15連勝など驚異的な巻き返しを見せた。周囲が仰天するオーダー、奇抜な采配を駆使して大逆転でリーグ優勝。ポストシーズンでも、その手腕は健在だった。

20160508_kuriyama

“リアル二刀流“、1番抜擢、クローザー起用…大谷の力を引き出した名采配

 日本ハムの栗山英樹監督は就任5年目の今季、悲願の日本一に輝いた。6月下旬で首位・ソフトバンクと最大11.5ゲーム差あったが、球団新記録の15連勝など驚異的な巻き返しを見せた。周囲が仰天するオーダー、奇抜な采配を駆使して大逆転でリーグ優勝。ポストシーズンでも、その手腕は健在だった。

 フルカウント編集部では栗山監督の名采配をピックアップ。10年ぶりに日本シリーズを制覇した今季を振り返る。

◯大谷翔平の“リアル二刀流”

 5月29日の楽天戦(コボスタ宮城)から先発登板試合は6週連続で“リアル二刀流”で起用。さらに、天王山となった9月21日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)でも「8番・投手」で先発させた。大谷はレギュラーシーズンでは投手で7戦7勝、防御率0.33。打撃は21打数8安打の打率.381、1本塁打、4打点を記録した。ソフトバンクとのCSファイナルでは投手で1勝1セーブ、防御率0.00。打撃では6打数2安打の打率.333。広島との日本シリーズ第1戦(マツダ)で6回5安打3失点で不敗神話が崩れたものの、22歳は二刀流で高いパフォーマンスを見せつけた。

◯大谷翔平の1番起用

 7月3日のソフトバンク戦(ヤフオクD)で、先発投手の大谷を1番打者として起用。史上初となる投手先頭打者弾、8回5安打無失点の好投を演出した。チームは同11日のオリックス戦(京セラドーム大阪)まで球団新記録の15連勝を飾った。

人気記事ランキング