野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

HR量産、名言連発、涙のFA、番長引退…初CSのDeNA、2016年10大ニュース

年の瀬が迫り、振り返ってみると、野球界でも様々なことが起こった1年だった。なかでも、セ・リーグを沸かせたチームの一つがDeNA。球団創設5年目の若いチームは、ラミレス新監督のもとで「WE PLAY TO WIN(勝つために、ともに戦う)」のスローガンを掲げ、3位と躍進を演じた。そんなDeNAの2016年を、フルカウント編集部が選ぶ10大ニュースで振り返る。

ラミレス新監督は快挙、期待の新助っ人は当たらず……

 年の瀬が迫り、振り返ってみると、野球界でも様々なことが起こった1年だった。なかでも、セ・リーグを沸かせたチームの一つがDeNA。球団創設5年目の若いチームは、ラミレス新監督のもとで「WE PLAY TO WIN(勝つために、ともに戦う)」のスローガンを掲げ、3位と躍進を演じた。そんなDeNAの2016年を、フルカウント編集部が選ぶ10大ニュースで振り返る。

○筒香、歴史的ホームラン量産

 この男なしにはDeNAの一年は語れなかった。不動の4番として44本塁打、110打点で自身初タイトルとなる打撃2冠を獲得。特にファンを驚愕させたのは7月、ともにプロ野球新記録となる月間6度&3試合連続の1試合2ホーマーを放ち、“マルチ弾”というフレーズが背番号25によって定着した。オフの契約更改では就任2年目となった主将としての働きも考慮され、2億円の大幅増の3億円でサイン。出場が決まった来年3月のWBCでも侍の4番候補として期待されている。

○CS初進出、ラミレス監督1年目で快挙

 9月19日の広島戦(横浜)で勝ち、球団創設5年目で初のクライマックスシリーズ進出を決めた。12球団で唯一、出場経験のなかったポストシーズン行きを果たし、横浜の街が歓喜に酔いしれた。就任1年目のラミレス監督は中畑前監督が築いた土台をもとに、緻密なデータと選手への信頼を柱としてチーム作りに腐心。4月に最大借金11のどん底からチームを立て直す見事な手腕を発揮した。2年契約の2年目となる来季の続投もすでに決まっている。

○「ヤング・ベイ」若き新戦力が続々台頭

 CS進出の原動力となったのが、若い選手たちの躍動だろう。2年目の石田は1年間ローテを守ってチーム2位の9勝をマーク、戸柱はルーキーながら正捕手に抜擢されて投手陣を牽引した。ほかにも23歳の桑原がリードオフマンに、2年目の倉本が遊撃手に定着。宮崎はクリーンアップとして定位置を掴み、筒香、ロペスを支えた。今季のレギュラーの日本人野手は全員20代の生え抜き。「ヤング・ベイスターズ」ここにありを示した一年となった。

○ドラ1ルーキー・今永、名言でも存在感

 若い戦力のなかでも、ひときわ脚光を浴びたのが、ドラフト1位ルーキーの今永だ。12球団新人トップの8勝を挙げた実力面はもちろん、独特の“今永語録”でも話題に。「援護がないという言い訳は防御率0点台の投手が言える」「プロ野球は昨日得た信頼を今日失う世界」「(初勝利に)広島に勝ったというより過去の自分に勝った」「勝つか負けるかを運と言っているようでは、その先の成長はない」など数々の名言を残し、「投げる哲学者」とも呼ばれた。

○新助っ人当たらず、ロペスが孤軍奮闘

 外国人選手は明暗が分かれた。クリーンアップ候補として加入したロマックはまさかのノーアーチ、シーズン途中で獲得した中継ぎ・ブロードウェイは5試合登板で退団。ぺトリック、ザガースキーも含め、昨オフから獲得した外国人5選手のうち、4選手が今季限りでチームを去り、補強面で課題を残した。一方、在籍2年目となるロペスは来日4年目でキャリアハイとなる34本塁打を放ち、筒香と強力クリーンアップを形成。2年の契約延長がすでに決まっている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」