野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

名将の“右腕”が明かす真実 「ID野球」は「野村さん本来の考え方じゃない」

日本を代表する野球人として、多くの尊敬を集め続ける野村克也氏。野村氏は現役引退後、ヤクルト時代の「ID野球」が代名詞となり、名将として確かな結果を残してきた。しかし、野村氏から信頼を寄せられ、ヤクルト、阪神、楽天でヘッドコーチや2軍監督を務めた松井優典氏は「『ID野球』は野村さんの本来の考え方じゃない」と明かす。では、本当の野村野球とは一体どのようなものだったのか。

20170101_matsui

野村野球は「ID野球」ではない!? 野村克也氏が本当にやりたかった野球とは…

 日本を代表する野球人として、多くの尊敬を集め続ける野村克也氏。現役時代は名捕手でありながら歴代2位の通算657本塁打を放ち、南海では兼任監督としてもプレー。現役引退後は評論家を経て、ヤクルト、阪神、楽天で名将として手腕を発揮した。

 ヤクルト時代には9年間で4度のリーグ制覇、3度の日本一を達成。阪神では3年連続最下位に終わったが、多くの選手を育て上げた。そして、社会人シダックスを経て就任した楽天では、09年に球団創設5年目で初のクライマックスシリーズ(CS)進出に導き、退任した。

 野村氏は現役引退後、ヤクルト時代の「ID野球」が代名詞となり、名将として確かな結果を残してきた。しかし、野村氏から信頼を寄せられ、ヤクルト、阪神、楽天でヘッドコーチや2軍監督を務めた松井優典氏は「『ID野球』は野村さんの本来の考え方じゃない」と明かす。では、本当の野村野球とは一体どのようなものだったのか。

 野村氏から2軍監督を任される際、松井氏が要求されていたことは、ただ1つだという。

「それはみなさんが想像できないことだと思います。想像できないことを野村さんは私に言った。『こういう風な野球をしろ』とか『データを集めてやれ』とか、野村さんはそういうことは一言も言わなかった。特に2軍監督をやっている時には『人間教育をしろ』と。その一言だけでした。それ以上は細かいことは何も言わない」

 この「人間教育」という言葉に、“野村野球”の正体が隠されているという。

人気記事ランキング