野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

野球人生の岐路に立つG杉内俊哉、150勝まで残り「8」―2017年復活なるか

17年は名球会入りとなる200勝に到達する投手の誕生は難しい状況だが、今年復活を目指す巨人・杉内俊哉は節目の150勝到達に最も近いところにいる。

巨人東京ドーム

現役勝利数2位の142勝、今年復活期す36歳左腕

 2016年のプロ野球では広島・黒田博樹投手が日米通算200勝を飾り、現役を引退した。通算172勝のDeNA・三浦大輔も引退を決断。そのため現役選手のNPB通算勝利数のトップはヤクルト・石川雅規の152勝となった。36歳の左腕は昨年、球団史上3人目となる150勝に到達。入団1年目の02年から5年連続の2桁勝利を挙げるなどヤクルト一筋でここまでやってきた。

 そして次に続くのが、ここまで142勝の巨人・杉内俊哉だ。17年は名球会入りとなる200勝に到達する投手の誕生は難しい状況だが、今年復活を目指す男は節目の150勝到達に最も近いところにいる。

 度重なる故障を治療と強い精神力で乗り越えてきた杉内は今年プロ16年目のシーズンを迎える。最多勝、最優秀防御率、3度の最多奪三振、最優秀投手賞、MVPと数々の栄誉を手にしてきたが、15年シーズン中盤にずっと投球を支え続けてきた股関節に限界がきて、手術を受けた。過去にほとんど例のない症例で、マウンドに立てなくなる可能性もあるオペだったが、懸命のリハビリを経て昨年2軍戦で復帰。16年シーズンは入団後、初めて、1軍のマウンドに立つことはなかったものの、復活へ向けて準備を進めている。

 歴代通算奪三振は2156個で現役トップ。140キロの直球ながら、キレ味鋭いスライダーで右打者も左打者も関係なく、空振り三振を奪ってきた。杉内にとっての好調のバロメーターは、相手から空振りを奪えるかどうか。スライダーを生かすためのストレートのキレが最も重要だ。

人気記事ランキング