野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

新戦力への期待、大記録、復活…最下位脱出目指す中日の2017年注目ニュース

昨季19年ぶりの最下位に低迷した中日は、昨季途中から監督代行を務めていた森繁和氏が新監督に就任。「最低Aクラス」を目標に秋季キャンプを行い、2017年シーズンへの準備を始めた。注目トピックスを紹介したい。

20170103_iwase

森新監督就任で目標は「最低Aクラス」の中日

 昨季19年ぶりの最下位に低迷した中日は、昨季途中から監督代行を務めていた森繁和氏が新監督に就任。「最低Aクラス」を目標に秋季キャンプを行い、2017年シーズンへの準備を始めた。オフには動向が注目されていた大島や平田といった主力FA組の残留も決まり、明るい話題も多い。どんな2017年が待っているだろうか。注目トピックスを紹介したい。

◯ゲレーロ、ロンドン、アラウホの新外国人選手はハマるか

 外国人選手獲得に定評のある中日はドジャースからFAの30歳、アレックス・ゲレーロ内野手を獲得。メジャー通算11本塁打でビシエドとともにクリーンアップを任せる予定だ。三塁に加え、左翼も守れる。また、投手では先発候補として、ベネズエラ出身でメジャー経験のあるホワイトソックス傘下の28歳右腕ホルヘ・ロンドン投手、新守護神候補として前マーリンズで25歳の201センチ左腕エルビス・アラウホ投手も獲得する見込み。ウイークポイントを外国人で埋める。

◯柳、小笠原とドラ1投手陣の躍動なるか

 DeNAとの競合で柳裕也投手を明治大学からドラフト1位で獲得。150キロ右腕は大野、吉見、若松らに続くローテーション有力候補だ。さらには、高卒新人ながら2勝した昨季のドラ1小笠原慎之介投手もヒジの術後回復次第だが、十分に今年の戦力として計算が立つ。ドラ1コンビが竜投復活に貢献できるか。

人気記事ランキング