野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

V奪還へ不可欠な若手の台頭、ソフトバンク17年ブレーク候補6選手は誰?

昨季、3年連続の日本一を逃したソフトバンクにとって、V奪回は17年シーズンの最大の目標となる。選手層が12球団随一であるのは、紛れもない事実。現有戦力だけでも今季の優勝候補の筆頭に挙げられるのだが、よりその可能性を高めるために、若い力による底上げも必要となる。

20160524_takahashi

選手層は12球団随一、ソフトバンクの2017年ブレーク候補は?

 昨季、3年連続の日本一を逃したソフトバンクにとって、V奪回は17年シーズンの最大の目標となる。選手層が12球団随一であるのは、紛れもない事実。現有戦力だけでも今季の優勝候補の筆頭に挙げられるのだが、よりその可能性を高めるために、若い力による底上げも必要となる。

昨年は全世代で金5個、銀1個と圧巻の強さ 「侍ジャパン」は今年も輝けるか(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 その候補となり得るのは、一体誰になるのだろうか。今季、飛躍が期待されるソフトバンクの若き力を探ってみる。

○高橋純平

 言わずと知れた15年のドラフト1位。ルーキーイヤーは、1月の新人合同自主トレで左のスネを痛めて早々に出遅れた。県岐阜商3年の夏に痛めた右太もも裏が完治しないままに練習を続けていたことも、体のバランスを崩す要因となっていた。左スネと右太もも裏を完治させ、崩れた体のバランスを整えるために、まずは体作りから1年がスタートした。

 ただ、その素材は紛れもなく一級品。素質の片鱗を見せたのが、フレッシュオールスターだ。全ウエスタンの先発としてマウンドに上がると、自己最速を更新する154キロを記録した。昨季は他のドラフト同期が主に3軍戦で出場を続ける中で、高橋はウエスタン・リーグ中心に起用。7試合に投げて2勝1敗、防御率2.22という数字を記録した。

 まだ、体の強さには物足りなさが残り、制球面にも課題がある。オフ期間中にしっかりと体を鍛え、キャンプでアピール出来れば、1軍の枠に食い込む可能性は十分。それほどまでに、秘める潜在能力は高い。

人気記事ランキング