野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • 今季“ダルビッシュ超え”迫る田中将大、日米で刻む驚異の数字とは

今季“ダルビッシュ超え”迫る田中将大、日米で刻む驚異の数字とは

メジャー3年目の昨季、初めてシーズンを通して先発ローテを守ったヤンキース・田中将大投手。田中が3年間で残した成績の中で注目を浴びる数字の一つは先発登板時の「勝率」だ。

日米球界で圧巻の勝率7割超え、早くもダルビッシュにあと1勝

 メジャー3年目の昨季、初めてシーズンを通して先発ローテを守ったヤンキース・田中将大投手。大台の200イニングにはわずかに届かなかったが、自己最多14勝を挙げ、防御率もリーグ3位の3.07をマークした。シーズン中には米メディアの間でサイ・ヤング賞候補にも挙げられるなど飛躍の年となった。

 1年目に右肘を負傷したこともあり、健康面を不安視され続けてきたが、昨季の内容により周囲の見方も一変。3年前に7年総額1億5500万ドル(約181億円)の大型契約を結んでいるが、今オフは現地で「過小評価」の声すら持ち上がるほど、その評価は高まっている。

 田中が3年間で残した成績の中で注目を浴びる数字の一つは先発登板時の「勝率」だ。米CBSスポーツ電子版は今オフに掲載した記事の中で、今季田中が先発した試合の勝敗を紹介。それによるとヤンキースは昨季、田中が投げた試合で23勝8敗、それ以外では61勝70敗だったという。これを受け、CBSスポーツは「球界におけるディファレンス・メーカー(違いを生み出す存在)と言える」と評している。

 確かにこれまでの田中の勝率を振り返ると、歴代の日本人投手の中でもトップクラスに位置する。楽天時代は7シーズンで175試合に登板し、99勝35敗3セーブ、防御率2.30で勝率.739だった。メジャーでも通算3シーズンで75試合に登板し、39勝16敗、防御率3.12、勝率は日本時代から大きく落ちることなく.709と勝ち星を挙げる割合は極めて高い。

人気記事ランキング