野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 松坂大輔がプエルトリコで掴んだもの 怪物復活への「2つの変化」

松坂大輔がプエルトリコで掴んだもの 怪物復活への「2つの変化」

復活への足がかりとする挑戦だった。ソフトバンクの松坂大輔。「平成の怪物」と呼ばれ、球界を代表する投手だった右腕が、相当の覚悟を胸に秘めて挑んだ異例の舞台。それが日本から遠く離れたプエルトリコの地で行われていたウィンターリーグへの参戦だった。

今季37歳、復活への足がかりに…異例のウィンターリーグ挑戦

 復活への足がかりとする挑戦だった。ソフトバンクの松坂大輔。「平成の怪物」と呼ばれ、球界を代表する投手だった右腕が、相当の覚悟を胸に秘めて挑んだ異例の舞台。それが日本から遠く離れたプエルトリコの地で行われていたウィンターリーグへの参戦だった。

 松坂が在籍したのは、カリブ海に浮かぶプエルトリコの北東海岸に位置するカロリーナを本拠地とする「ヒガンテス・デ・カロリーナ」。岡本和真ら巨人の3選手も武者修行に来ていたチームである。昨年11月下旬、家族がいるアメリカから当地へ渡り、36歳のチャレンジは始まった。

 初登板の舞台は、当地の12月3日(日本時間4日)のクリオーヨス・カグアス戦。先発のマウンドに立ったが、内容は決して良いものではなかった。初回。2死から四球を与えると、4番打者に2ランを食らう立ち上がり。2回には失点こそ与えなかったが、3つの四球を与え、満塁のピンチを招いた。4回まで投げ、被安打は本塁打のみの1安打だったが、6四球。制球に課題を残した。

 変化を見せたのは2度目の登板となった当地13日(日本時間14日)、相手は同じカグアス戦だった。この日の松坂はこれまでのワインドアップから、ノーワインドアップをテスト。すると、前回から一転、制球が安定するようになった。5回を投げ、3安打2四球で1失点。チームが敗れ、黒星がついたものの、好投した。3度目の先発はサン・フアンを本拠地とするサントゥルス戦。4回を投げ、6安打を許したものの、2失点に切り抜けた。内容は着実に良化の兆しを見せていた。

 そして、ウィンターリーグ4度目、当地で最後の先発となったのが28日(日本時間29日)のアグアディージャ戦。ここで、来季への可能性を感じさせる投球を見せる。

人気記事ランキング