野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中と今季中は契約延長交渉せず!? ヤ軍GM「チーム内で話し合ってない」

田中と今季中は契約延長交渉せず!? ヤ軍GM「チーム内で話し合ってない」

ヤンキースの田中将大投手は、今季終了時に契約破棄できるオプトアウトの権利を保有している。米メディアでは今季限りでの退団の可能性やシーズン中のトレードの可能性も報じられているが、ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMは今季中の契約延長交渉を行わない方針を明らかにしたと、ニュージャージー州最大のニュースサイト「NJ.com」が報じている。

20160831_tanaka2

今季終了時に契約破棄の権利を持つ田中、米メディアは「長期契約にリスク」と指摘

 ヤンキースの田中将大投手は、今季終了時に契約破棄できるオプトアウトの権利を保有している。米メディアでは今季限りでの退団の可能性やシーズン中のトレードの可能性も報じられているが、ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMは今季中の契約延長交渉を行わない方針を明らかにしたと、ニュージャージー州最大のニュースサイト「NJ.com」が報じている。

 記事では、ヤンキースで4シーズン目を迎える田中が2014年から結んだ7年総額1億5500万ドル(約179億円)の大型契約を今季終了時に破棄し、フリーエージェント(FA)となれる「オプトアウト」の権利を保有していると紹介。その上で、もしも残留を決断すれば、20年まで3年間の契約を残しており、合計6700万ドル(約77億円)の報酬を手にすることができると紹介している。ただ、今季も好成績を残してFAとなれば、田中がさらに好条件の契約を結べることは確実だ。

 日本人右腕流出の可能性もあり、ヤンキースがその前に契約延長を目指す可能性もあると見られていたが、キャッシュマンGMは今季中の田中サイドとの交渉を否定したという。

「彼が素晴らしいシーズンを送れたらいいね。そこで彼は(オプトアウトするかどうかを)決断をするだろう。彼が決断しないのなら、(契約破棄は)しないということだろう」

人気記事ランキング