野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 陽岱鋼移籍に高い注目、西武も所属選手の影響大 台湾から送られる熱視線

陽岱鋼移籍に高い注目、西武も所属選手の影響大 台湾から送られる熱視線

日本ハムからFAで巨人に入団した陽岱鋼。台湾で圧倒的な人気を誇り、入団会見には複数の現地メディアが来場。会見の模様は球団公式フェイスブックなどで現地向けに生配信された。さらに、昨年末には台湾・台北市内で2度目の入団会見が行われるなど、台湾の野球ファンの注目度の高さがうかがえる。

20160501_seibu.taiwanday

台湾ファンから注目浴びるプロ野球

 日本ハムからFAで巨人に入団した陽岱鋼。台湾で圧倒的な人気を誇り、入団会見には複数の現地メディアが来場。会見の模様は球団公式フェイスブックなどで現地向けに生配信された。さらに、昨年末には台湾・台北市内で2度目の入団会見が行われるなど、台湾の野球ファンの注目度の高さがうかがえる。

 郭俊麟投手、呉庭念内野手の台湾出身2選手が所属する埼玉西武ライオンズでは、昨年4月に2度目となる「台湾デー」を開催。同7月には台湾プロ野球チーム「統一セブン-イレブンライオンズ」の主催試合で「埼玉西武ライオンズデー」を現地で開催するなど、台湾との友好関係を深めている。

 こうした取り組みの結果、台湾人旅行客が西武のファンクラブに入会していくケースが増えているそうだ。西武ライオンズ事業部の吉田康治さんは「池袋のライオンズストアで、ファンクラブに入会していく台湾人旅行者の方が増えています。入会特典に内野指定席の引換券がついていますので『チケットだけ購入するよりグッズもついているファンクラブに入会した方がお得だ』と調べて来てくださる方が多いです」と話す。会報誌の海外発送には対応していないが、それでも昨年は約150人の台湾人を中心にアジア系の海外ファンが入会した。

人気記事ランキング