野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

データでひも解く日ハム大谷 数字で見ても凄い“リーグNO1”の球種とは?

今や球界を代表する投手となった日本ハム・大谷翔平。165キロという日本球界最速の剛腕を誇り、スタジアムを沸かせてきたが、そのストレートはデータから見てもやはり、図抜けているようだ。

「バットに当てられる」速球の印象は間違い? 空振り率は他の先発陣を圧倒

 今や球界を代表する投手となった日本ハム・大谷翔平。165キロという日本球界最速の剛腕を誇り、スタジアムを沸かせてきたが、そのストレートはデータから見てもやはり、図抜けているようだ。

侍ジャパンに置きたい「代打の切り札」 “天才”代打師が明かす1打席の「心得」とは(前編)(侍ジャパン応援特設サイトへ)

「パ・リーグTV」では、昨シーズンのパ・リーグで規定投球回到達者と大谷の球種別データを比較。規定投球回に3イニングだけ届かなかった大谷だが、ストレートの空振り率はNO1となっている。

 総投球数2229球の大谷はストレートを1211球投げ、そのうち空振りを奪ったのは136球。空振り率は11.2%にあたる。規定投球回到達者でトップのソフトバンク・和田(10.7%)に0.5%差、続く西武・菊池(7.7%)らには3.5%以上の大差がついている。

 もともと大谷は14年の球宴で当時自己最速の162キロを阪神・鳥谷にファウルにされ、今年9月に初めて出した164キロをオリックス・糸井にタイムリーヒットにされた。最速更新の節目でこうした場面があり、「速いストレートを投げても、バットに当てられる」というイメージもあった。

 だが、数字を見れば、いかに大谷のストレートをバットに当てるのが難しいかが証明された形だ。

人気記事ランキング